日本の民家一九五五年 MINKA1955 Japanese Traditional Houses

建築写真界のレジェンド、二川幸夫氏の原点となる作品集。撮影当時は、まだ二十歳前後の大学生だったという。

巨匠は民家をこんな風に見ているのか、という自分とは異なる視点が面白い。


【書誌情報】
書 名:日本の民家一九五五年 MINKA1955 Japanese Traditional Houses
著者名:二川幸夫 Futagawa Yukio
発行所:エーディーエー・エディタ・トーキョー A.D.A EDITA Tokyo
出版年:2012

普及版(ペーパーバック)と特装版(ハードカバー)があります。電子書籍版はありません。古民家びとは、Amazon.co.jpアソシエイトメンバーです。

【関連書籍】
民家は生きてきた

Share
Scroll to top