結霜ガラス

結霜ガラス古民家

結霜ガラスってどんなガラス?

結霜ガラスは、1950年代~1970年代(昭和20年代後半~40年代)に製造されたものです。
霜のような模様から「結霜(けっそう)ガラス」と名付けられました。見た目や発音が似ているからか、「結晶ガラス」とするウェブサイト等も見かけますが誤りです。
古いガラスは、デザインだけでなくネーミングのセンスも素敵ですね。

ところで、この結霜ガラス、どうやってつくるのかよく分かりません。
ガラスの表面に溶けた膠(にかわ)を塗り、膠が冷却、収縮することでこの模様が描かれると聞いたことがあるのですが。製造方法を詳しくご存知の方、是非、教えて下さい。

村田商人やましょう記念館

村田町(宮城県)の重要伝統的建造物群保存地区にある「村田商人やましょう記念館」の主屋の玄関には、数種類もの型板ガラスや結霜ガラスが使用されています。

***関連記事***

結霜ガラスが使用されている「村田商人やましょう記念館」には他に4種類の型板ガラスも使用されています。
ぜひ、こちらもご覧ください。

村田商人やましょう記念館

村田商人やましょう記念館の型板ガラス

 

 

 

 

 

 

こちらも「結霜ガラス」です。仙台市内に建っていた古民家で、北杜夫さんが下宿していたそうです。

 

***関連記事***

結霜ガラスが使用されている玄関は雰囲気があります。ぜひ、こちらもご覧ください。

北杜夫さんが下宿していた古民家

 

 

 

Share
Scroll to top