TOP > 古民家のジャンル > English > 古民家オーナーインタビューvol.5「長町遊楽庵びすた~り」(後半) Cominka Owner Interview vol.5 “Nagamachi yugakuan bistari”(2)

古民家オーナーインタビューvol.5
「長町遊楽庵びすた~り」(後半)
Cominka Owner Interview vol.5 “Nagamachi yugakuan bistari”(2)

English here.
「古民家びと企画」の古民家オーナーインタビュー第5弾は、仙台市内でコンサートや芝居も楽しめる古民家レストラン「長町遊楽庵びすた~り」代表の菊田さん。障害者支援施設として営業するこのレストランは、音響設備やスクリーンなどイベント向けの設備が充実し、年間約100本のイベントが開催される、ゆっくりでやさしい空気が包みこんでくれるレストランです。
 

手弁当での実行委員会

立ち上げ時期のイベント等で使用されたチラシ

「びすた~り創りたいプロジェクト実行委員会」を立ち上げてから開店まで、約2年半かかりました。最初は、LLP(有限責任事業組合)という形態で立ち上げ、助成金などの活用を考えて、現在のNPO法人に切り替えました。私自身は、最初の1年間は、福祉施設に勤めながら活動を行いました。
ミーティングは、毎週1回行いました。皆、手弁当でしたが、お互い言いたい事を言い合いました。それぞれにやりたい事や大切にしたい事があり、折り合いを付けるのが難しかった。直接的な支援も間接的な支援もありましたが、全てがきれいに結びつくかどうかはやってみないとわからない。たくさんの方々が関わってくれたけど、状況が変わってくるとたくさんの人が離れていきました。
 
 

地元との関わり

長町エリアに大型ショッピングモールが出来て、地元の商店街が弱くなってきている頃でした。商店街の活性化に携わる方からの紹介で、「びすた~り」となる古民家に巡り会ったのです。初めて建物を見た時は、外観はボロボロだし、ワイヤーで吊られて痛々しい状態でした。でも、凛として力強い印象だったのを覚えています。
実行委員会の活動を地元の皆さんに知ってもらうために、駅前のイベントホールを借りてイベントや説明会を行ったり、商店街の催しや神社のお祭りに参加したりと、積極的に活動しました。タイルを1枚千円で買ってもらうイベントもやりました。この時に制作したタイルは、建物のアプローチ部分に実際に使用しています。

入口につながるアプローチ

アプローチの床に使用されているタイル





お店の魅力と施設としての役割の相乗効果

びすた~りファームの自慢の野菜

びすた~りは、就労継続支援施設で、一般就労を目指す事業所です。現在は11人全員を雇用して、お給料が発生しています。
お店の魅力は、3つあります。「建物、畑、皆ががんばっている」ということです。障害者の方は、このレストランの仕事の他に、外部の講習会や職場見学、実習などに仕事として参加します。これらは成長する上では大切なことですが、がんばった分だけストレスもかかりますので、それだけでは続きません。畑で土を触ると体力づくりにもなるし、ストレスから開放され、穏やかな気持ちにもなります。そうしたゆっくりの空気感は、建物の雰囲気と共に、お客様にも伝わるのです。
レストランには、お客様の立場になって考えるという基本があります。がんばりたいと思っている人には、「それは、お客様から見たらどうか?」「ここまでトライしてみようか」といった具合に、寄り添いながらやりとりします。魅力的なお店として成り立つことと、障害者支援の役割を果たすことは、同じことなのです。

 
取材:早川欣哉(古民家びと)
翻訳:コミューナ・トランスレーション・デザイン有限責任事業組合
<<前半へ

菊田俊彦さん

菊田俊彦さん
宮城県岩沼市生まれ。NPO法人ほっぷの森 理事、就労継続支援A型事業所「長町遊楽庵びすた〜り」代表。民間リゾートホテルにてレストラン・企画・営業など様々な職種を経験した後、有名料理店での料理部長をはじめ、長年、飲食業に携わる。障害者支援施設での経験をきっかけに新しいレストランの表現として、築120年の古民家をレストランとして再生。
〒982-0011
宮城県仙台市太白区長町3-7-1
TEL:022-352-7651  FAX:022-352-7652
「長町遊楽庵びすた〜り」のウェブサイト http://www.bistari-nagamachi.com/

 

菊田俊彦さんオススメのスポットはこちら!


より大きな地図で 菊田俊彦さんのオススメスポット を表示
この地図の周辺スポットを見る
楓林(フウリン)中華料理
JR長町駅から徒歩1分。美味しくてボリューム満点な中華料理店。
お腹も心も満たされ、元気になれるお店です。
所在地:宮城県仙台市太白区長町5-12-15
電話:022-246-1914
定休日:水曜日 

びすた~りフードマーケット
地下鉄長町1丁目駅徒歩1分。
自分達で大切に作った野菜や県内産の農産物を中心に安全・安心の商品を販売しています。
所在地:宮城県仙台市太白区長町1-7-37
電話:022-738-7231
定休日:土・日・祝

ENGLISH

Cominka Owner Interview vol.5
“Nagamachi yugakuan bistari”(2)

The fifth episode of Cominka Owner Interview features Mr. Kikuta. He is a representative of a cominka restaurant Bistari, where people can enjoy not only food, but concerts and theatrical performances. This restaurant, run as a facility for the assistance of disabled people, hosts around 100 events per year and is fully equipped for the variety of facility (audio equipment, screen etc.). This restaurant embraces you in a relaxed and gentle atmosphere.

Executive commitee without pay

It took us 2 and a half years to open Bistari, after setting up the “Executive Committee for the Project of Creating Bistari”. In the beginning, we started as a LLP (Limited liability partnership), thinking about the practical use of the subsidies, then we later switched to the current NPO format. During the first year, I carried out the activities while working at the welfare institution. The meetings took place once a week. Even if we all were unpaid, we exchanged with each other everything we wanted to say. There were things we individually wanted to do or value, so it was difficult to settle the matters. There were both direct and indirect forms of support: we could not know if the two could be joined together, if we did not try. Many people joined us but as soon as the situation began to change, many of them left.

Connection with the local community

It was the time when a big shopping mall was built in Nagamachi and the local shopping streets began to get weaker that I encountered the cominka which was later to be Bistari, introduced by a person who was involved in the shopping street revitalization. The first time I saw the building, the exterior was worn out, all put up with wires. It was in a pitiful condition. However, I remember it still appeared dignified and strong.
To get the people from the local community know our activities, we organized events in front of the station and explanatory meetings. We also joined shopping streets’ events, shrines festivals – we were very active. We also organized an event where people bought a tile we made for a thousand yen. Those tiles are actually used on the pathway which leads to the building.

Synergistic effect between the restaurant’s appeal and its role as an institution

Being an institution for continuous employment support, Bistari is an enterprise which aims at creating general employment. Currently we employ 11 people, paying them salary.
What makes our restaurant attractive is that “Buildings, fields and everyone – all are working hard”. Disabled people, apart from working in this restaurant, as part of their job, join lectures, visit various work-places and take professional training. These activities are important for their growth, but since hard-working results in much stress, it cannot go on only this way. Touching the earth in the field becomes an exercise to develop their physical strength, as well as to release stress and calm themselves. Such a relaxed atmosphere, together with that of the building, is conveyed to the customer.
One principle of restaurant is thinking as a customer would do. For those who are making a lot of effort, we ask questions such as; “What would you think of it if you saw it from the viewpoint of a customer?” “Why don’t we try a bit more?”, in close communication with them. Fulfilling the duty of supporting the disabled people, and making business as a fascinating restaurant are one and the same thing.
Interview: Kinya Hayakawa
Translation: Communa Translation Design, LLP

Toshihiko Kikuta

Born in Iwanuma, Miyagi Prefecture. Board member of NPO “Hoppu no Mori” and representative of Bistari – center for the support to continuous employment type A. After working in the restaurant, planning, managing departments of a private hotel resort, he was appointed as the chief cook in a famous restaurant. With his experience in an institution for supporting disabled people as catalyst, he started a restaurant in a 120 year-old cominka as a new expression of food-business.
3-7-1, Nagamachi, Taihaku, Sendai, Miyagi, Japan 982-0011
TEL:+81-22-352-7651  FAX:+81-22-352-7652
Website of Bistari
http://www.bistari-nagamachi.com/

Here are places the owner of recommends


より大きな地図で Here are places the owner of recommends
Google Map




関連する記事


古民家びと